【トップチーム情報】FC CASA 脇本大我選手 退団のお知らせ

【トップチーム情報】FC CASA 脇本大我選手 退団のお知らせ

2022.02.15

この度、この度、FC CASAはMF脇本大我 選手が昨シーズン限りで、退団することが決定しましたのでお知らせ致します。

 

#8  FW 脇本大我

【生年月日】1996/9/13

【出身】愛知県

【所属歴】高浜FC U12 > 高浜FC U15 > 享栄高校サッカー部 > 中部大学 > FC CASA(2019年)

【2021出場記録】

・栃木県知事杯第54回栃木県社会人サッカー選手権大会:3試合

・NEZASカップ第26回栃木県サッカー選手権大会:2試合

・第57回全国社会人サッカー選手権大会関東予選:1試合

・第55回栃木県社会人サッカー1部リーグ:7試合

・第55回関東社会人サッカー大会:2試合

<コメント>

FC CASA FORTUNA OYAMAに関わる皆様へ。

2021シーズンをもちまして、退団することになりました。

このクラブで、この小山という素晴らしい街で、大好きなチームメイト、スタッフ、そしてCASAファミリーの皆様に出会うことができました。

本当にありがとうございました。

3年間、本当に色々なことがありました。

楽しかったこと、苦しかったこと、悩んだこと、涙が込み上げてくる程に嬉しかったこと、そして涙を流す程に悔しかったこと。

その全てが僕の3年間を彩ってくれました。

2021年4月のNEZASカップ準決勝で、自分のゴールで勝てたこと、そのゴールで鯨岡監督のゴールを祝えたこと、

そして何より忘れられないのが、2021年5月のNEZASカップ決勝のスタジアムの観客席。

赤く染まったスタジアム。

試合中に苦しかったとき、何度スタンドを見たことか。

“俺たちには、ファミリーがついてる!!”そう思いながら試合をしていました。本当に心強かったです。

きっと、この先一生忘れることのない景色です。今までも、これからも、あのスタジアムの景色は僕の中で一番です。

また、チームメイトには本当に感謝しています。ありがとうございました。

スポンサーの皆様。皆様の多大なるサポートにより、僕たちは何不自由なくサッカーをすることができていました。

熱い声援、厳しい声、色々なものが僕たちの力になっていました。

ありがとうございました。

本気でCASAのために、小山にサッカーを根付かせるために日々やってきました。

2021シーズンにはAll for OYAMA~マチを赤く染めよう~というスローガンを僕が決めさせていただきました。

このスローガン通り、クラブが少しずつ発展していく事を感じる中で、関東リーグ昇格、天皇杯本戦出場を果たすことなく、

自分から出ていくことを選んでしまい申し訳ありません。

ただ僕が常に言い続けてきた”小山市のために”。

クラブのために活動してきたこと、言い続けてきた日々に嘘はありません。

また、最後の2試合のリーグ戦、僕がCASAで戦う姿を最後お見せすることができず申し訳ありませんでした。

CASAを通じて出会った、関わっていただいたすべての皆様に本当に感謝しています。

3年間本当にありがとうございました。

 

← 最新情報一覧へ戻る